グリーンスムージーの効果と痩せる以前の問題点あれこれ。

グリーンスムージー、流行ってますね。
今日は、グリーンスムージーの気になる点をいくつか書きます。

私は、7月中旬から8月いっぱいまでグリーンスムージを毎日ではないけれど飲んでいました。
はじめは、「痩せたらいいな~」と思い飲み始めたのですが、グリーンスムージーを飲んだ後に、ものすごく眠くなってしまったり、胃が痛くなったことがあり、どうしてだろう?と思ったんですね。

調べてみると、グリーンスムージーを飲むことで起こるかもしれない症状がいくつもありました。

 

眠気、頭痛、吹き出物、下痢、便秘、口内炎、口角炎などを好転反応としている記事をいくつもみましたが、それって、もしかして、体質に合わなくて影響が出ている可能性がありませんか?

好転反応だと思い飲み続けたとしたら?怖いですよね・・・

 

そもそもグリーンスムージーはアメリカが発祥の地です。アメリカ人とは体質や体格が違いますから、同じように健康やダイエット目的でグリーンスムージーを飲んだとしても合わない人がいるのは当然かもしれません。

日本人は昔から小松菜やほうれん草は湯がいてお浸しにしていただく文化がありますものね。

 

手作りグリーンスムージーの問題点やデメリット

健康、美容、ダイエット目的でグリーンスムージーを飲む場合のデメリットを考えてみました。

  • 基本レシピによくある「ほうれん草」にはシュウ酸が多い
  • 「ほうれん草」にはさらに硝酸塩が多いことも気になる
  • キウイのような輸入フルーツの皮をむかないレシピがある
  • スムージーはやはり身体を冷やすのでは?と思う

 

スムージーの基本レシピのグリーンはほうれん草が多いのですが、ほうれん草ってシュウ酸が多いから生で食べない方がいい野菜ですよね。そもそも、あく抜きの必要な野菜をスムージーに使うのはどうなのかと思います。

*シュウ酸とは、鉄分やカルシウムの吸収を妨げる作用があり、結石(腎臓結石、胆石、尿路結石など)ができやすくなるといわれている。

 

それから、葉物野菜の硝酸塩も気になります。硝酸塩が発生してしまう原因は化学肥料だそうですが、じゃあ、有機農法だから硝酸塩はないかというと、そうでもないらしいのです。

結局、どうしたらいいかというと、茹でこぼせば硝酸塩は30~40%減らせるそうなので、大量の生食は避けた方がいいみたいです。

*葉物を中心とした農産物には硝酸性窒素が含まれている。これを食べると、体の中で亜硝酸→亜硝酸塩と変化し、結果的に発色剤として使われる食品添加物の亜硝酸塩を食べたのと同じことになってしまう。

 

もうひとつ、よく見かけるのはキウイやオレンジを皮のまま使うレシピが目につくことです。

バイタミックス ミキサーのような良いミキサーは皮を入れても滑らかに粉砕してくれるからなのでしょうが、輸入フルーツには防かび剤が使われているじゃないですか?!いくらちゃんと洗っても皮をジュースにして飲みたいと思いません。

手作りグリーンスムージーで気をつけるポイント

  • グリーンスムージーは材料を吟味する
  • 毎日大量に飲まないこと、一気に飲み干さないこと
  • 冷え性、胃腸の弱い人はやめた方がいいのでは?

 

飲んでも何ともなければいいですが、これって手作りスムージーのせいかしら?と気になる症状がでたらやめる勇気も必要ということでしょう。

手作りグリーンスムージーの代替えになるものは、粉末のグリーンスムージーや粉末青汁です。実際に手作りする手間がないことや品質の良いものを選べば美容と健康、ダイエットにも効果を発揮します。

なにより、胃が痛くなったり、眠くなったりしないことが利点ですよ。おすすめをご紹介します。

正統派は青汁!

私は最近、青汁を飲み比べています。粉末スムージー、フルーツ青汁、青汁と、いろいろ試すのは飽きてしまってダイエットを止めるのが一番いけないと思うからです。

個人的にイチオシなのがサンスター粉末青汁!!手作りグリーンスムージーより絶対に良いのがコレですよ!

成分をみてください
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ

甘味料はおろか他のものが一切なく国産野菜100%の原材料なんです。

 

これは驚きでした。それなのにマズくはないです。水で溶かすだけでも飲めますよ。豆乳や牛乳に混ぜると飲みやすさは格別にあがりますし、飲みにくかったらきなこやハチミツを入れたりすれば大丈夫だと思います。

 

ダイエットに良いブロッコリーをがんばって食べるより、毎日かかさず、サンスター粉末青汁を飲む方が効率がよいのでは?明日葉がはいっているのでむくみにも効果あります。

 

容量は比較してみると、サンスター粉末青汁は1袋の量が多いです。

 

それから、購入後のセールス電話がない点もサンスターはお勧めです。

▼詳細はこちら▼
サンスター 粉末青汁


ロングセラーを続けている粉末スムージー

何年も前から人気なのがミネラル酵素グリーンスムージー。フレーバーはマンゴー、アサイーバナナ、はちみつレモン、豆乳抹茶と4種類あります。
ミネラル酵素グリーンスムージー4つの味で飽きずに飲めて痩せる

成分は、
イヌリン、大麦若葉末、果糖、マンゴーパウダー(マンゴーピューレ、マルトース、デキストリン)、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、グルコマンナン、エリスリトール、加工黒糖、アカシア食物繊維、抹茶、グレープフルーツ濃縮果汁末、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、ラカンカ抽出物、パントテン酸Ca、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12

 

甘味料に、果糖、ステビアなど使われていますが、人工甘味料はなし。ダイエット効果を期待できそうな、イヌリンや食物繊維を多く含むサイリウムハスク末やグルコマンナンなどバランスの取れた栄養素が取れそうな気がします。

 

健康というより痩せてキレイになりたい!と願う女性が多く購入しています。

購入者の口コミを拾ってみると・・・

5日で3キロ痩せた。
半年で8キロ痩せた。
2週間で2キロ落ちた。
2ヶ月で8キロ減。
3ヶ月で5キロマイナス。

 

実践した人は1食置き換えでミネラル酵素グリーンスムージーを飲んでいますが、結果を出している人はかなりいます。やはり1食置き換えればカロリーを減らせますし、食物繊維が豊富なので便秘解消にも効果ありという事です。

定期コースと単品購入があります。お試しにもよいですね。

▼詳細はこちら▼
ミネラル酵素グリーンスムージー

ロングセラー売り上げNO1のフルーツ青汁

青汁を美味しく!というコンセプトで大ヒットしているのがフルーツ青汁。中でも「すっきりフルーツ青汁」が元祖?テレビでも紹介されていて一番人気だと思います。

すっきりフルーツ青汁の成分
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、乳糖、デキストリン、明日葉粉末、マンゴー果汁パウダー、抹茶、植物発酵物乾燥粉末、いちご果汁パウダー、アカシア食物繊維、アセロラパウダー、グァガム、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、アカメガシワエキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(死菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、豆乳末、ザクロ抽出物、パイナップル果実抽出物/香料、β-カロテン、シクロデキストリン、(一部に乳成分・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツを含む)

 

とにかく青汁を飲みたいけど不味いイメージが強くて敬遠していたような方がフルーツ青汁を試してみようと思っているようです。

若い女性に人気のフルーツ青汁ですが、40代以降でもリピートしている方はいますよ。むしろ若い方にはお値段が高めのようで、もう少し安かったら続けたいという声もチラホラ見られました。

購入者の口コミをみると・・・
10日で2キロ痩せた。
2週間で3キロ痩せた。
2週間で4キロ痩せた。
2ヶ月で6キロ痩せた。

 

やはり継続して、1食置き換えを実践すると一日に摂取するカロリーが抑えられることで体重が減るのでしょう。

▼詳細はこちら▼
すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁

手作りグリーンスムージーの代わりは粉末スムージーや青汁で!

スムージーで胃が痛くなるのは胃壁が荒らされるから、その点、粉末タイプなら胃痛に襲われることもありませんし、眠気で困ることもないでしょう。

ご参考にどうぞ。

コメント