ふくらはぎを揉むだけでダイエット効果がある?

元祖「ふくらはぎ本」の「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」

この本のヒット以降、随分といろいろな「ふくらはぎ本」が出版されています。

ふくらはぎをもみなさい

人の血液は重力のために約70%が下半身に集まっているそうです。そして、ふくらはぎは上から降りてくる血液を心臓に戻す大事なポンプの役割を果たしているのです。

 

エコノミークラス症候群という言葉は誰でもご存知でしょう。

飛行機で長時間旅行したあと、急に呼吸困難やショック症状を起こし、ときには亡くなることもあるのですが、エコノミークラス症候群にならないようにするためには、足の血液の循環を促すストレッチなどを行うと予防になると言われています。

 

長時間デスクワークをしていたり、運動不足であったり、逆に運動のしすぎでふくらはぎの筋肉が疲労をしているのも良くないそうです。また、ストレスが多い方、エアコンで体が冷える方も要注意。

 

ふくらはぎの血流がよくなく血栓ができやすいと、脳梗塞や心臓病になるリスクも高まるそうです。

ふくらはぎを揉むとどんないいことが起こるの?

実は、この本の目次をみると、万病に効果があると思わずにいられないのです!

 

心臓、腎臓、血圧、デトックス、ダイエット、アンチエイジング、アトピー、花粉症、癌、感染症、肌荒れ、シミ、更年期障害、不眠、うつ、認知症、乳幼児の寝つきなどに効果があるようで・・・

 

万病に効かどうかはわかりませんが、ふくらはぎを揉むことで血液の循環が良くなり体温が上がる。体温が上がることで体の組織が活性化し免疫力が上がる。それによって血圧が安定し、ぐっすり眠れて美容ダイエットの効果が出てくるという事みたいです。

 

「冷えは万病の元」という言葉もあります。血液の循環を良くすることで得られるものは、もしかすると、あなたが欲しいものかもしれませんね。

 

私の場合は、基礎代謝があがって老廃物の排出、体脂肪の減少抑制につながればいいと思いますが、このふくらはぎマッサージですが、簡単そうで意外と難しいんですよ。

 

専門の人がやれば、ふくらはぎを触っただけでどのタイプなのか、わかるみたいです。

 

ふくらはぎが熱くて固いと高血圧。熱くて固くないと急性炎症、風邪など。
冷たくて固いと、冷え性、婦人病、自律神経失調症。冷たくて柔らかいと糖尿病、などと、持病がわかるみたいです。

 

はて、私はどのタイプかしら?自分ではちょっと判断が付かない。

まぁ、難しく考えずに揉んでいるだけで、なんだかポカポカいい感じになってきますよ。皆さんもとりあえず揉んでみましょう。

コメント