サバ缶の痩せるホルモンGLP-1でダイエット「はなまるマーケット」

本日、はなまるマーケットのサバ缶ダイエット特集をみました。

サバ缶に関しては、2013年7月30日、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で、サバ缶の効果が放送されると翌日からスーパーでサバ缶が売り切れ状態となる社会現象が起きていました。

sabakan
【製品検査済み放射能不検出】三陸産鯖使用さば水煮缶詰め【美味しくて安心】さば水煮缶詰め24…

 

サバ缶を食べると痩せる?

サバ缶に含まれるEPAを摂取することで、痩せるホルモンといわれるGLP-1の分泌が促進される。さらに、その分泌を促進させるには、EPAと食物繊維を同時に摂取した方が良いこと。

 

なぜ、サバ缶を勧めているのか?

缶詰は、新鮮な魚をそのまま密封しているから。
本来なら、生食がもっともEPAを摂取しやすいが、傷みやすいサバの刺身を手に入れるよりサバ缶の方が手軽である。

 

サバ缶をうまくダイエットに取りいれるには?

痩せるホルモンといわれるGLP-1は、正常な人なら消化管から出ているホルモンである。その分泌の程度が太っている痩せているに関係しているようだ。

 

痩せるホルモンGLP-1のメリットは?

脳の食欲中枢に働いて食欲を抑える。
胃から腸へ送られる食べ物の速度が遅くなり血糖値が高くなるのを防ぐなど。

 

GLP-1の分泌を促進するには?

EPAが豊富なサバ、イワシ、サンマなどの青魚やマグロの生食が良い。
サバに関して言えばしめサバがお勧めである。酢でしめてあるのでEPAが酸化しづらい。

調理面からみると缶詰は手軽である。その場合は汁も使うこと。
特に、食物繊維と同時に調理することで、効果が高まる点に注目!

※追記

最近はサバ缶にEPA&DHAの含有量が記載されるようになりました。
中高年になるとダイエットのみならず、中性脂肪やコレステロール値対策でEPA&DHAが必要な方は多いのでは?オメガ3脂肪酸ともいいますが、なかなか理想的な量を毎日摂ることは難しいですね。
サバ缶同様の効果がある「くるみ」の記事も参考にどうぞ。テレビ効果で「くるみ」が売り切れ

コメント